いよいよ総選挙 政権交代を実現させよう!

2009年7月23日 18時47分 | カテゴリー: 都政・国政にもの申す

杉並・生活者ネットワークは保坂のぶとさんを応援します

もう10年以上前、現役の都議会議員として東京・生活者ネットワークの代表をしているときでしたが、生活者ネットワークはそれまで人物で選んでいた国政選挙の応援を「民主党を応援しよう」と変更しました。私たちは地域政党ですが、自民党が政権を握っている限り私たちの思うような分権・自治の考え方は通らないであろうし、制度疲弊を来している政・官・財のトライアングルを崩すこともできないと思ったからです。人物だけでいえば民主党以外にも応援したい方はいたのですが、社会党には国家戦略がありませんでした。とにかく「政権交代」を前面に出し民主党を応援してきました。その後何回かの選挙では政権交代の望みはかないませんでした。しかし、ようやく「政権交代」の兆しが見えてきました。

 行財政改革は常に実行されなければなりません。しかしセーフティネットを張らずに強引に進めた小泉政権のようなやり方では、貧富の格差も、労働の格差も、教育の格差も広がるに決まっています。やり直しのできない社会をつくってしまった自民党の政策は糾弾されなければなりません。昔の井戸塀の政治家を求めようとは思いませんが、少なくとも自分のために政治をするのは止めていただきたい。4年間で何をするのかを具体的に数字を挙げて示してほしいと思います。あれもこれもやりたいことはたくさんあるでしょうが、長期目標と任期4年間の目標とを明確にすることで政権の選択ができると思います。

 とにかく「政権交代」です。このチャンスを逃せば、日本の政治は、否、日本は落ちるところまで落ちてしまうでしょう。さあ、政治をあきらめないでみんなで投票に行きましょう。 
 杉並・生活者ネットワーク代表 藤田愛子

写真 都議会議員選挙で坪井まりの応援に駆けつけた保坂のぶとさんと。