参議院議員選挙はチャンスだ

2019年7月4日 15時40分 | カテゴリー: 選挙, 都政・国政にもの申す

参議院議員選挙が公示されました。

政権選択の選挙ではありませんが、約2年前からの安倍政権を審判するには十分な選挙ではないでしょうか。

安倍一強の政治には嫌というほどの思いをさせられてきました。憲法無視、安保法制、原発推進等々。さらに直近では年金問題で老後の生活費が2,000万円不足するとした金融庁審議会の報告書を無きものにした。報告書は有識者など各方面から問題なしとされ、「それをどのように政策に反映させるかが政治に求められている」と言われているのです。しかし、都合の悪いことは全て闇に葬ってしまう。すべてが情報公開されないそこが一番の問題点でしょう。きっと何かが隠されていて、信用できない安倍政権‼

ロスジェネ世代がすべて「自己責任」だからと現状を受け入れ、政治に期待はしないが「安定」という理由で自民党を応援するという、そんな状況を変えていきたいと思います。

「おかしい」と思うことや「助けて」という言葉を言ってもよい世の中にすることです。

17日間の選挙戦で、政党、候補者、政策を吟味してあきらめずに投票しましょう。このチャンスを逃す手はありません。

杉並・生活者ネットワークは比例代表選挙に立候補予定の「若林ともこ」さんを応援することに決めました。詳しくは前7月2日のトピックスをご覧ください。

ここでお願いですが、比例代表は政党名と個人名どちらを書いてもよいのですが、私たちは政党名ではなく「若林ともこ」と個人名をぜひ書いていただくようお願いいたします。(杉並・生活者ネットワーク代表 藤田愛子)