区議会議員補欠選挙に向け つかはら彩子 さんを擁立

2014年5月23日 16時17分 | カテゴリー: 選挙

杉並区では6月29日、任期満了に伴う区長選挙と同時に、区議会議員補欠選挙が実施されます。杉並・生活者ネットワークは、区議会での政策実現に向けた力を強めていくため、候補予定者としてつかはら彩子さんの擁立を決定しました。 

今回の補欠選挙は、杉並・生活者ネットにとって、私、小松久子が昨年、区議会を離れたことによる議席減を取り戻すという意味があります。また、この機会に区議会での3人目の「市民の議席」を獲得したいと考えています。 

つかはら彩子さんは、これまで20年以上にわたって杉並・生活者ネットワークの活動にかかわり、代表を務めた時期もあれば、直近では事務局長として采配をふるってきました。暮らしの現場からの声を区政につなげる役割として適任と確信しています。

 今回の選挙にあたり政策を下のようにまとめました。また、つかはら彩子のホームページも開設しています。ぜひ訪問いただき、みなさまのご意見をお寄せくださいますよう、お待ちしています。

                                                                           (都議会議員 小松久子) 

「安心・共生・自治のまち 杉並をつくりたい♪」

◆原発ゼロ 放射能から子どもを守る!

◆高齢者も障がい者も安心して暮らせるまち!

◆子ども・若者が大事にされるまち!

◆水とみどりを守り災害に強いまち!

◆大事なことは市民が決めるまち!

◆地域主体の施設再編整備 地域のことは地域で決める!