都議会見学に参加して

2013年12月18日 18時14分 | カテゴリー: トピックス

    都議会議場の議長席と発言者席で

都議会議員の小松さんを応援していながら、都議会について何もわかっていないのが恥ずかしいと思っていたので、とても良い機会だと思い、12月16日杉並・生活者ネット主催の都庁見学会に参加しました。

 まずは、議事堂PR映像をみてから、都職員の案内係に連れられて議事堂内を見学し、都議会がどのように行われているのか説明を受けました。都政についての都民の要望「請願・陳情」は、出されたものはすべて審査されているそうで(杉並区の場合はすべてではなく約3割)、都民の意見を聞く仕組みができていることはいいことだと思えました。

 庁舎についてもいろいろ説明がありましたが、これだけ高層でこだわった建物である必要はないだろうと思ってしまいました。知事の部屋にはバルコニーまであるそうです。

その後議場内も見学。原発都民投票の時に、何度か子連れで傍聴したことはありましたが、今回の見学ツアーでは議場内部まで入れるとは!貴重な機会に都知事の席、議長の席まで座ってみることができました!参加されたみなさんも、いま渦中の知事席は人気!記念撮影されていました。

 その後、12月の都議会、区議会で何が討議されたのかの活動報告を、都議の小松久子さん、区議の市橋あや子さん、そね文子さんのご本人からお聞きできたことは貴重な時間でした。

私はその後退席したため、午後からの委員会の傍聴はできなくて残念でしたが、とてもいい勉強になり、もっと都議会に注目していこうと思えました。             ( 浜田山在住 進藤 治理 )