グングン伸びる緑のカーテン

2008年6月15日 08時32分 | カテゴリー: 杉並情報

区役所前で足を止める人が急増中!

4月21日に区庁舎の南側にネットが張られ、苗が植えられてから8週間が経ちました。
いま、緑のカーテンが順調に成長中。これまで、素通りするしかなかった区庁舎前のスペースには、散歩の途中に立ち寄る人、庁舎の用が済んで帰りに足を止める人、お孫さんと夕方の涼風に吹かれにやってくる人・・・さまざまな人が寄ってきます。
緑は人をひきつける力があるのですね。

緑のカーテンは、地球温暖化やヒートアイランド対策としてCO2を削減する省エネの取り組みの一環です。28個のコンテナが並べられて、ゴーヤ54本、ヘチマ216本、キュウリ54本の苗とアサガオの種135粒が植えられているそうです。

28m×28mのネット。区役所7階までの大きな緑のカーテンができる予定です。板橋で20mの緑のカーテンができた実績がありますが、杉並区は28m。この規模は都内でも初めてとのこと(わが区長は「初めて」「1番」が好きです)。そんなに高い所にへちまが生ったらどうやって採るの?といらぬ心配をしていたのですが、へちまが生らないように、花を摘むのだそうです。区のホームページには「緑のカーテンはヘチマが主役」とありました。アッチャー。キュウリとゴーヤの立場はどうなるわけ?
すでにキュウリがしっかり生っています。へちまの花も咲き始めました。
ゴーヤ、がんばれ!
しかし、朝顔クンは何か中途半端ではありますね。
窓辺の職員がこのカーテンの恩恵をこうむるのはいつになるのでしょう。

杉並ネットは緑のカーテンを応援しています。
この予算は750万円也。安いか高いか、みなさまはどう判断しますか?                          区議会議員 市橋綾子