政界の魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめいている

2007年11月6日 08時41分 | カテゴリー: 都政・国政にもの申す

何をしているのか民主党

福田総理が、小澤党首に大連立を持ちかけたことで政界が混乱している。
大連立は前回の参院選結果を無視した、有権者置去りの暴挙。国民の支持を得られるワケがない。
「民主党は寄せ集めだ」、「右から左まで本当に議論がまとまるの?」など色々言われてきたが、参議院議員選挙の結果を受けて今回だけは多少の意見の違いは封印して次期衆議院選挙に政権交代をかけるのではなかったのか。又しても期待を裏切ったのは何故なのか。
安倍前首相が唐突な辞任をした原因や、福田総裁誕生の裏事情、福田・小澤の奇妙な密談、そして小澤代表の辞任発言。何もかも国民不在で嫌悪感と底知れぬ闇を感じるのは、私だけではないと思う。

読売・毎日・産経新聞などが自民党のリーク情報をそのまま報道し、大連立は小澤氏がもちかけたとのデマを流したと小沢代表は激怒した。中選挙区制を持ちだしたり、両党の話し合い時に伊吹幹事長が持っていた封筒の中身は何か?など色々言われているが、そんなことは詮索する必要はないが、何か、とてつもない力が働いているような嫌悪を感じる。

安全保障や年金・医療・介護の問題が国民を脅かしかねない大事なときに、相も変わらずの密室政治が跋扈するようでは日本の政治もおしまいだ。
                 杉並・生活者ネットワーク代表 藤田愛子