ほらみたことか?! 牛肉輸入全面停止

2006年1月23日 23時12分 | カテゴリー: トピックス

アメリカになめられ切っている

昨年の12月12日に輸入が再開されたアメリカ産牛肉の輸入が早くも1ヶ月あまりでストップとなった。「言わないこっちゃない」という感じである。20ヶ月以下の牛で、プリオンのたまりやすい脳脊髄などを取り除いたものというのが安全委員会の判断だった。それをアメリカも納得して輸出したはずなのに、よくも図々しく脊柱が混ざったものを出したものだ。本当に日本を馬鹿にしているとしかいえない行動。それとも約束が分からない人たちが輸出に関わっているの? 前にも書いたように、20ヶ月以下の牛かどうかも確実に判明しない、トレーサビリティーの確立していないアメリカ産牛肉を性急に輸入再開した政府の責任は重い。輸入全面停止の対応は当然だ。